スマホ決済とは?導入するメリット、種類、支払い方法について徹底解説

NFCとは?仕組みやFeliCaとの関係、代表的な規格について解説

目次

年々利用者が増加している「スマホ決済」。

スマホをかざしたりQRコードを読み取ったりするだけで決済でき、消費者にとってスピーディーかつ手軽に決済できる点で便利です。また、事業者にとっても売上拡大につながる等メリットが多く、導入する事業者も増えています。

本記事では、スマホ決済の基礎知識として、事業者が導入するメリット・デメリット、スマホ決済の種類、スマホ決済における支払いタイミングを解説します。

スマホ決済の導入を検討している事業者の方はぜひ参考にしてください。

スマホ決済とは?

スマホ決済とは、スマートフォンだけで支払いできる決済方法です。現金やクレジットカードを使わず、レジで決済端末にスマートフォンをかざしたり、QRコードを読み取ったりして決済が完了します。

即時に決済でき、現金などを持ち歩く必要がないため、消費者にとっても便利な決済手法として利用者が増加しています。

スマホ決済には「QRコード決済」「非接触型決済」「キャリア決済」の3種類あります。後ほど詳しくご紹介します。

事業者がスマホ決済を導入するメリット

スマートに会計できるスマホ決済ですが、事業者にとってもメリットは大きいです。ここでは事業者がスマホ決済を導入するメリットをご紹介します。

現金管理の手間が省ける

現金による支払いの場合、事業者側は釣り銭の用意や売上の現金管理が必要です。人の手によって現金を数えたり、お釣りを渡したりしていると、現金の受け渡しミスが発生することもあるでしょう。

スマホ決済にすれば、釣り銭は発生せず管理が簡単になります。ミスも発生しにくくなるため、現金管理の手間やレジスタッフの指導などの手間も省けます。

レジの混雑を解消できる

スマホ決済の大きなメリットの一つに、現金やクレジットカードでの支払いと比べて、決済に時間がかからないことが挙げられます。

現金支払いの場合、消費者が財布を取り出し、支払金額分の現金を探して支払い、お釣りを受け取り財布にしまうという一連の動作に、一定の時間がかかります。クレジットカード支払いの場合でも、暗証番号の入力やサインが必要だと手間もかかります。

スマホ決済であれば、QRコードを読み取るかスマートフォンをかざしてもらうだけで決済できるので、一人あたりのレジ対応時間を短縮できます。結果的に、レジの混雑を解消でき、消費者の満足度も向上するでしょう。

集客・売上の拡大につながる

スマホ決済が利用できる店舗・ECサイトであれば、結果的に集客の増加が見込め、売上の拡大につながるでしょう。

国がポイント還元事業などを行いながら、キャッシュレス化を推進している中で、スマホ決済が利用できないことによって消費者の足が遠のくこともありえます。消費者により多様な決済手段を提供することで、利用頻度も高まるでしょう。

スマホ決済導入のデメリット

事業者にとってもメリットの多いスマホ決済ですが、デメリットはあるのでしょうか?以下のようなデメリットに注意して、検討してみてください。

決済端末の導入にコストや時間がかかる

スマホ決済には、QRコードを読み取ったり、かざされたスマホから電子マネーを識別して動作させたりする専用の決済端末の導入が必要です。

決済サービスによっては、決済端末の導入に数万円かかるケースもあります。また、導入までに審査やシステムの運用テストなどもあるため、利用できるまでに時間がかかる場合もあります。

残高不足や利用上限により決済できないケースもある

残高不足や利用上限などの制限によって、正常に決済できないケースがあります。

アプリにあらかじめ金額をチャージして利用するプリペイド型は残高不足になりやすいですし、決済サービスの中には利用金額の上限が決められているもあり、決済に失敗してしまう可能性があるのです。

特に高額な商品を取り扱う事業者は、スマホ決済を導入する前に慎重に検討してみてください。

入金までに時間がかかる

QRコード決済やキャリア決済など、スマホ決済の場合は決済会社を経由して売上金が振り込まれるため、入金までに時間がかかることがあります。決済サービスによって売上金の振込日が異なり、最短で翌日振込から最長で翌月振込など様々です。

入金が遅いほどキャッシュフローの観点からデメリットにもなりえるため、導入前に入金サイクルを確認しましょう。また、手数料を払えば好きなタイミングで入金申請ができるサービスもあります。

スマホ決済の種類

スマホ決済には3種類あります。いずれも簡単に決済ができる手法として利用者が増えています。それぞれの特徴を簡単にご紹介します。

QRコード決済

QRコードやバーコードなどを読み取ることで決済する方法です。事業者側がコードを提示して消費者が読み取る「ユーザースキャン型」と、消費者がコードを提示して事業者側が読み取る「ストアスキャン型」の2パターンあります。

代表的なQRコード決済に、PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、メルペイ、d払い、au Pay、ゆうちょPayなどがあります。

QRコード決済について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

QRコード決済・バーコード決済とは?仕組みから導入のポイントまで解説

非接触型決済

スマートフォンを決済端末にかざして決済を行う決済方法で、タッチ決済とも呼ばれます。支払い元としてクレジットカードや電子マネー、交通系ICカードなどを紐付けて利用します。

非接触型のスマホ決済の場合、使用しているスマートフォンによって決済サービスが異なり、Apple製品の場合はApple Pay、Android製品の場合はGoogle Payとなります。交通系ICカードなどを紐付けて利用する場合は、SuicaやPASMOなどが利用できます。

非接触型決済の詳細についてはこちらの記事ご確認ください。

非接触型(コンタクトレス)決済とは?種類や支払い方式をまとめて解説

キャリア決済

毎月のスマートフォンの利用料金とまとめて支払う決済方法です。ECサイトでのショッピングやデジタルコンテンツの代金など、主にオンラインサービスの決済に利用されます。

キャリアごとに1ヶ月間の利用限度額として、最大10万円などと設定されているため、高単価な商材を扱うECサイトには向いていません。

代表的なキャリア決済に、ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いがあります。

キャリア決済の詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

キャリア決済とは?ECサイトが導入するメリットについて解説

スマホ決済の支払いタイミング

3種類のスマホ決済があるように、支払いタイミングにもパターンがあります。スマホ決済の場合は、どの支払い方法で登録しているかによって、支払いタイミングが異なります。以下の3つに分類されます。

前払い(プリペイド型)

前払いでの決済は、事前に金額をチャージしておくことで利用できます。あらかじめ支払うことから前払い・先払い、プリペイド型といいます。チャージ残高の範囲内で支払いをするため、残高不足になりやすいです。

また、事前入金による支払いという性質上、上限金額が設定されていることも多いため、日常使いに向いています。スマートフォンに紐付けた交通系ICカードなどの電子マネーやプリペイドカードが、前払いに属します。

即時払い(デビットカード型)

即時払いは、決済時にリアルタイムに口座から金額が引き落とされます。決済と同時に口座から引き落としが行われるデビットカードが即時払いに属します。そのため、デビットカード型とも呼ばれます。

また口座から直接リアルタイムに引き落としができるサービスとして、ゆうちょ銀行が提供している、ゆうちょPayが代表的です。

後払い(ポストペイ型)

後払いは、購入時には支払われず、翌月末などの決まった期日にまとめて支払いが行われます。クレジットカードを登録していれば、後払いになります。

代表的な後払い決済サービスに、QUICPayやiDなどがあります。また、スマートフォンの利用料金とあわせて支払うことができるキャリア決済は、後払いに分類されます。

まとめ|手間なくスピーディーな決済が実現できるのがスマホ決済

今回はスマホ決済の基本知識をまとめてご紹介しました。事業者がスマホ決済を導入するメリット・デメリット、スマホ決済の種類、スマホ決済における支払いタイミングを理解しておくことで、正しくスマホ決済の導入を進められるでしょう。

スマホ決済は消費者と事業者の双方にメリットの多い決済方法です。店舗やECサイトでの支払い方法の一つとして導入を検討してみてください。

For Further Reading